7月20日。

ボギー家族ツアー、広島。ギンギンに太陽が燃えている。この焼けたアスファルトならお好み焼きも焼けるに違いない。

FullSizeRender

一年ぶりにやってきました広島の酔いどれ本屋「本と自由」。店長の青山さんを今夜は酔わしたい。

FullSizeRender

「本と自由」は小さな商店が並ぶ路地にある。所狭しと気になる古本が並び、奥のカウンターでは店主の青山さんがバーをやっている。先日の広島豪雨のあとボランティアで力仕事して腰を痛めたそうだ。

IMG_0183

「本と自由」はどちらかと言うと自由の割合がかなり多い。子供たちは店内で遊びまわり、大人も昼から酒飲んで楽しんでる。

IMG_0234

モンドが似顔絵を描いてる横では、酔屋ちどりの投げ銭ライブが始まった。三味線とチンドン太鼓で「ちんこまんこちんこまんこ」歌ってる(笑)。

IMG_0226

酔屋ちどり家族とボギー家族。なんとなく同じ匂いがするからまだ生後4ヶ月のマチちゃんも大きくなったら親と一緒にライブするんかなー。

IMG_0242

モンドくんの似顔絵屋さん開始。昨日のつき指のハンデもなんのその、黙ってばりばり描いていく。「指、痛くない?」って訊くと「痛い」と静かに答える。

IMG_0212

今日もバリ似だ。

FullSizeRender

できた似顔絵を見た瞬間「わ!おれだ!鳥肌立った!」と男性は言った。

IMG_0209

モンドの似顔絵にはいわゆるデフォルメの手法は無い。見たものを見たまま紙にうつす鏡のような絵だから鳥肌立つという人もいる。

FullSizeRender
FullSizeRender

今ちゃんの似顔絵屋さんも始まる。今ちゃんは「はい、かくよ!」と指名して勝手に描きだしたりもする。

IMG_0189

そして横から覗き込むと睨まれる(笑)。

IMG_0193

昼の部は和気あいあいと終了、本と自由は夜のライブに向けセッティング。

ボギー家族ライブin本と自由、夜の部は満員御礼!うず高く積まれた本棚と本棚の間にはぎゅうぎゅうのお客さん!

FullSizeRender

今夜の家族ライブはとにかく今ちゃんが凄まじくパンキッシュだった。

IMG_0438

怪獣のように叫び続けたかと思えばゾンビになってお客さんに噛み付きにいく。マイクを口に咥えたまま叫び歌うハチャメチャな「カントリーロード」、そして客席にダイブ!

IMG_0439

縦横無尽とはまさにこのことか!!今ちゃん謎の名言「お客さまはみんなボギー!」には爆笑。

IMG_0434

この今ちゃんのテンションに巻き込まれ会場全体のボルテージが上がる!!

IMG_0274

どんな狭い店内だろうが最後は胴上げ!お客さんたちの連携にも素晴らしい安定感を感じた。胴上げは神輿だ。お祭りで神輿を担ぐように、ボギーは担がれる。

IMG_0356

カウンターの中で店長青山さんは誰よりも笑ってたらしい。

IMG_0445

日中の暑さとライブの頑張りで子供たちは終演後そのまま眠ってしまった。昨年までは眠くなるとステージ中に寝てしまうことも多かったけど、今年は違う。ちゃんと自分の仕事を全うしてから寝る。偉い!

IMG_0422

今年も広島に呼んでくれたタナちゃんありがとう!いつも満席にして迎えてくれることがツアーミュージシャンにとってどれほど頼もしいことか。そしてその裏にあるタナちゃんの細やかな気配りや頑張りがどれほど嬉しいか。呼んでくれる人がいるからその街に行けるのだ。

FullSizeRender


打ち上げは本と自由の隣りにある「バー外国」へ。昨年の家族ツアーはこの店の二階からスタートしたのだ。マスターもまた豪雨のあとボランティアで腰を痛めていた。

FullSizeRender

ここのトマト雑炊がめちゃ好きなもんで看板メニューのカレーは初めて食べた。飲んだあとのカレーはあれほど禁じていたのに…。

IMG_0425

飲んだあとのカレーは必ず夜中にひどい胸焼けで叩き起こされることになるの、分かってるはずなのに食ってしまった。案の定、深夜のリバース地獄。

泊めてくれたタナとベンの家で穏やかな朝を迎え、パンまでご馳走になってしまったが、さすがにカレーパンだけは食べれなかった。

IMG_0432

「また遊ぼーね!」とお別れをして、今日もまた別の街に出発。

IMG_0862

今日は姫路へ。広島から向かう高速道路はすでに通行止め解除されているが、あちこちで被害の爪痕をみた。


IMG_0448

この光景を見たからかもしれない。この日の夜のライブで「バカになりましょう」を歌ったあと絶妙なタイミングでテンちゃんが「日本はふざけすぎとーよ!」と言ってみんなを「おお〜!」と沸かせることになる。