モンド今日の絵

【モンドくん(奥村門土)】 2003年、福岡に生まれる。両親からイタリア語で「世界」という意味を持つモンド(MONDO)と名付けられ、幼少の頃より独特の個性を発揮。3歳頃より面白い絵を描き始め、小学生になると絵がコンクールで入賞したり、週末には似顔絵屋さんとしても活動をはじめる。まっすぐ純粋に見たものを見たまま描くというスタイルで描かれる人物画が話題となり、2014年に初の画集「モンドくん」(PARCO出版)発表。そのほか雑誌「ヨレヨレ」の表紙や挿絵、谷川俊太郎とのコラボ、瀬戸内寂聴「死に支度」の装画、「文學界」「東京新聞」の挿絵連載などを担当。メディアにも度々取り上げられ、東京や台湾、シンガポールでの個展開催など、国内外で大きな注目を集めている。フジロックなど全国のフェスにも出演するなど、その世界をさらに広げつつある。現在15歳。映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」(長久允監督)にて2019年俳優デビュー。ミュージシャンである父・ボギーが選んだ人物を毎日1枚描き、親子の日記としてブログに発表し続けている。 <モンドへのメールやおしごと依頼はこちらまで> yokotin_b@hotmail.com <モンドのインスタグラム> mondo_world http://instagram.com/mondo_world <父ボギーのブログはこちら> http://bogggey.blog.jp/

2019年08月

8月8日。

ボギー家族ツアー12ヶ所目、北浦和の居酒屋ちどり。今年の会場の中でいちばん狭い空間だ。だからこそ、どこよりも「わが家のリビング感」がある。
FullSizeRender
透子ちゃんは今年のボギー家族ツアーすでに3回目。
FullSizeRender
昨日の東京公演が楽しすぎてまた来ちゃったという大阪からのお客さんも。
IMG_7966
今年は本当に2〜3ヶ所来てくれるお客さんがとても多くて嬉しい。まったり過ごすお昼の部でたくさんお話しもできるし、
FullSizeRender
ちどりはごはんも美味しいのだ。
IMG_8040

東京公演にも来てくれたなかのさんがボギー家族みたいな団子を差し入れに持ってきてくれた!元ボクサーの輪島、いま団子屋さんなのか。
FullSizeRender

テンちゃんにサソリの、今ちゃんにはカリンバの手作りネックレスをプレゼントしてくれた面白いお客さんもいた。
FullSizeRender
何者だろう?と思ったが、ふだんはマッサージ師なのだとか。雰囲気も面白い方だった。
IMG_7981

こちら一級建築士の方、今日もなんだか面白そうな人がこのぎゅうぎゅうの空間に集まっている?
FullSizeRender

テンちゃん今ちゃんの似顔絵屋さんも面白かったなー。
FullSizeRender
日々進化。
IMG_7975
FullSizeRender
あと、距離が近い(笑)!
FullSizeRender

わいわいしながら夜の部へと続く…。
FullSizeRender

夜の部、居酒屋ちどりは笑っちゃうくらいさらに満員御礼だ。この状況でボギー家族ライブをやるのだから盛り上がらないはずがない。
FullSizeRender
しかし、正直に言うと、月見ルで完全に出し切った翌日ということもあり軽いヌケガラだった俺は前半戦はよく頭が回っていなかった。酸欠状態だったのかもしれないが。
IMG_8844
そんな俺をカバーしてくれたのがテンちゃんと今ちゃんのテンション!今年はこいつらに何度も救われてる。
IMG_8148
今ちゃん完全にロッククイーン!!
IMG_9183
それに比べてモンドのテキトーさよ(笑)。
IMG_9187

このバランスが絶妙なのだけど。

後半戦からぐんぐんエンジンかかってきた。イシくんが今夜も来てくれたので「ウィーアーリトルゾンビーズ」のリズム隊だけ本物バージョン!
IMG_8078
イシくんはかわいいなぁ。
FullSizeRender

どんなに狭くても最後は胴上げワッショイワッショイ!もうむちゃくちゃやな(笑)!
IMG_8845

<北浦和ボギー家族セトリ>
前半)
NO FUN MY WAY
酒がねぇ
山谷ブルース
楽天ふるさと納税
おさんぽ
カントリーロード
戦争ワルツ
後半)
ロックンロール
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
ウィーアーリトルゾンビーズ
星のOHAKA
バカになりましょう
家族のうた
カーニバル
贈る言葉

IMG_9189

ぎゅうぎゅうパンパンの居酒屋ちどりライブ終了!気力振り絞ってやったライブ、めちゃくちゃ楽しかった。
FullSizeRender

店主のちどりくんは来年子供が生まれるそうだ。おめでとう!バッチリ厄払いしておいたからきっと安産まちがいなしだね。

なんて言いながらみんなに見送られ、車に乗って帰る途中、あの事故に遭うわけだ。

北浦和から茨城の鹿島家まで、あともう少しで高速の出口だと思ったそのとき、カーブを曲がった所でハザードもつけずに停車して眠ってる超大型の自動車輸送トラック。「きゃあ!」と叫びベイビーが急ブレーキかけたけど間に合わずにゴツン…。フロントがくの字にヘコむ。

なんでこんなとこで寝てんだよ!非常識だろ!!
FullSizeRender

あと10分で帰り着く予定が、警察よんだりなんだりで2時間かかる…。ぶつけたトラックの運転手は「じゃあとは保険屋に任せますんで〜」と連絡先だけ交換するとさっさと帰ってしまった。腑に落ちない。

眠いし、暑いし、気絶しそうだった。
IMG_8053

でも、誰も怪我しなかったから良かったよ。
FullSizeRender

レッカー車にひっぱられ鹿島家まで移動。
IMG_8058

このとき心の中で思っていたのは、このアクシデントを旅の悪い思い出にするか、良い思い出に変えるかは自分次第だぜッ!!!って。

それは岡村ちゃんの「ほんとのDANCE、CHANCE、ROMANCEは自分次第だぜッ!」から学んだ精神だ。

IMG_9634

ありがとう岡村ちゃん!がんばる!!

8月7日。

月見ル君想フでのボギー家族まつり。東京公演はいつも山場でもある。会場準備から撤収まで約8時間ドタバタしっぱなし嵐のようなお祭りだ。家族の協力と団結力が何より問われる。
FullSizeRender

昨日前髪切られすぎて今朝まで怒っていたモンドもやっと機嫌良くなって雑誌の取材を受けていた(笑)。
IMG_7623

開場すると早い時間からお客さんどんどん来てくれて、わいわい盛り上がりはじめる。子供たちは走り回り、大人はお酒飲んで笑ってる。
FullSizeRender

すんげー早くから来てビアガーデンみたいに飲んでるウエケンさん。めちゃ楽しそう。
IMG_7674

ステージ上のお月様には「のど自慢」が流れ続けている。平和だな〜。
FullSizeRender

モンドくんの似顔絵屋さんは予約で満席、ありがとうございました!ひとり15分きっかりのペースで描いていくモンド、似顔絵屋さん始めて7年、すっかりプロだ。
IMG_7635
FullSizeRender
IMG_7685

テンちゃん今ちゃんの投げ銭似顔絵屋さんも大人気でフル稼働!!ふたりの似顔絵は似てる似てないじゃなくて、笑いを巻き起こす。
FullSizeRender
IMG_7658
福岡からガーデナーズ楢崎くんが東京まで観に来てくれた!旅の終盤できく福岡弁はすごく安堵感あるな〜。ありがと〜!!
IMG_7678

二階フロアではボギー家族のミニ絵画展。モンド、テンちゃん、今ちゃん、ボギーの原画を展示した。
IMG_7626

東京公演ということもあり映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」のヒカリ役の二宮慶多くん、イシ役の水野哲史くん、そして長久允監督!
IMG_7748
ほかにも、写真には写ってないけど江口栗子役の初音映莉子さんや、バンジョーの原さん、撮影スタッフの方々、リトルゾンビーズ愛が溢れる日活の芝間さん滝口さん、など、リトルゾンビーズで出会った方々がたくさん来てくれてめちゃくちゃ嬉しかった!打ち上げみたいな感じでもあったかも。

まつり中盤、トークコーナーに長久監督をステージに急遽呼んでボギートーク。
FullSizeRender
さらにテンちゃん今ちゃんのライブペインティングで長久監督を描いた。
IMG_7735

おもえば長久監督がモンドを映画にスカウトする為に会いにきてくれたのがちょうど2年前のボギー家族まつりだったのだ。そのときの写真がこれ。
IMG_9632

出会いひとつで人生って変わるよね〜。人生おもしれ〜!!!

さあ!このあとボギー家族ライブ開始!!

ノリと即興性を重んずるボギー家族のステージは「始めるよ」の合図も家族にあえてせず、おもむろに始めた。「ロックンロールのうた」から演奏開始!ひとり、またひとりと家族がステージに上がってくるが、今ちゃんだけ来ない?あれ?と、思ったら遅れて泣きながら登場!?理由がわかんないので曲中断…。
IMG_7901
といういきなりドラマティックな始まりかた!

ステージをテンちゃんとモンドに即興でつないでもらいつつ、
IMG_8043

おれは一旦ひっこんで今ちゃんに理由を聞く。まだ衣装着てなかったこと、あと、楽屋裏口で迷子になって曲に間に合わなくて焦ったことが泣いた理由だった。かわいい。

着替えて再登場した今ちゃん、ニコニコ笑顔でライブ再開!こういう予想外なトラブルもボギー家族ライブの醍醐味だし、むしろ掴みはOK!
IMG_7867

今ちゃんとボギーのデュエット曲「おさんぽ」を歌い出したら小さな子供たちがステージ最前列にかぶり付きで集まってきて、しかも、歌詞もちゃんと覚えてて一緒に歌ってくれた。ものすごいキラキラした目で。

おれ感動しちゃって、泣きそうだったよ。音楽やってきて良かったなーて思った。

テンちゃん「タコの知能は3歳児」をキレキレのテンションでぶちかましたあと「BON-ODORI」のカホン!ボギーの前のめりなカッティングにぴったりついてくるリズム感。かなり気持ちいい、テンちゃんとはホントにウマが合うわー。

IMG_8068
そして今夜のニュースはなんと言ってもリトルゾンビーズのヒカリ、イシ、タケムラが揃って「ウィーアーリトルゾンビーズ」を生演奏できたこと!イクコ来れなかったので代わりに今ちゃんがイクコ代理なのもエモすぎ!!
FullSizeRender
このシーンのポーズね。
IMG_2981

超ムチャ振りでステージ上げたので、ヒカリくん歌詞忘れとるし、イシくん中華鍋じゃなくてクッキー缶やけど、ステージから見えるお客さんの顔、みんな最高に嬉しそうだったよ。
IMG_8069
「ウィーアーリトルゾンビーズ」は名曲だ。歌うヒカリ。撮影時は小5だった彼も中1になり声変わりし始めてて、あぁ、生でこの歌を聴けるのもきっとこれが最後か…なんて、スタジオで練習する4人の姿なんかも思い出したりして。そんな今この瞬間もあっという間に思い出に変わるんだな。

ボギー家族のステージにかぶりつきでみてる子供たちのリクエストにより始まった「たこ踊り」!しかし、今年のツアーでは一度も「たこ踊り」は披露していない。理由は、モンドから「恥ずかしいからもうやめて」と言うからだ(笑)。

しかし、結局たこ踊りをやるモンドのプロ根性!わはは!!

そのままステージに子供たちいっぱい上がってきて「バカになりましょう」!

♪バカなひと手を挙げて〜 ハ〜イ!

よく見ると長久監督も上がってた。

最後はボギ八先生「贈る言葉」!会場全体のグルーヴ感がすごい!!
FullSizeRender
毎日のように胴上げされる夏!
IMG_7770

ボギー家族まつり、この5人じゃなきゃ生まれ得ないグルーヴを存分に叩きつけれた夜。おれはこいつらとバンドやれてることが誇らしくて仕方ない。家族はバンドだ!!!!!
IMG_8071

<ボギー家族まつりセトリ>
ロックンロールのうた
ストリーキング
NO FUN MY WAY
酒がねぇ
楽天ふるさと納税
ぼくとはと
おさんぽ
戦争ワルツ
ロックンロール
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
ウィーアーリトルゾンビーズ
ウィーアーリトルゾンビーズ(ヒカリ、イシ、タケムラ)
たこ踊り
バカになりましょう
星のOHAKA
家族のうた
カーニバル
贈る言葉


終演後、ファンに囲まれて撮影大会になるリトルゾンビーズたち。みんなニコニコしてる。
IMG_7835

音楽仲間のウエケンさん、カジウラチエさん、げるしー、the夜露死苦バンド、いつも世話になってるトゥインクルの上田くん、家族ぐるみで応援してもらってる松本さん、毎年家族の成長を確認しにきてくれるみなさん、などなどなど!あっちで乾杯、こっちで乾杯!楽しすぎる時間はあっという間だった。
FullSizeRender

公演を終えてドタバタと片付けを済ませたあと、店長タカハシくんがスイカを出してくれた。その甘い実にかぶりつきながら、ものすごい幸福感と安堵感に包まれていた。
FullSizeRender

最後まで片付けとか手伝ってくれた上田くん、楢崎くん、ありがとー!月見ル店長タカハシくんいつも好き勝手やらせてくれてありがとー!
FullSizeRender

とにかくドッと疲れて子供たちは車に乗るなり即爆睡だ。今夜は茨城の鹿島家にお世話になるので深夜移動。サービスエリアでベイビーとふたり、くそマズイうどんで打ち上げする。「あ〜、牧のうどん食いたいわ〜」とか言いながら乾杯!
FullSizeRender

さあ、残るツアーはあと3本!!!

‪8月5日。

旅の疲れが出始める後半、このあたりでオフ日をとりゆっくり身体を休める必要がある。しかし、オフ日には休養と同じくらい必ずやらなきゃいけない大事なことがもうひとつ、洗濯だ。夏のコインランドリーは地獄のように暑いから大嫌いだが、ちょっと宇宙船の中みたいでカッコイイ。‬
FullSizeRender

栗駒からすぐの所に狩野英孝さんの実家の神社があると聞き、洗濯のあと行ってみた。すごい流行ってる感じだったらなんか嫌だな〜と思ったが、びっくりするほど田舎の、ひっそりとしなびた神社。
FullSizeRender
サンドイッチマン伊達氏の絵馬を見つけてほっこりした気持ちになったので行って良かった。
FullSizeRender
お賽銭を入れ、最後まで無事完走できますように、とお祈りした直後に石段で足の指を強打したけど。
FullSizeRender
そのあと、栗駒山ジオパークという入場無料の施設に寄ってみた。気さくな館長さんから「どちらから来られましたか?」と聞かれたので「福岡です」と答えると「福岡…ええっ?福岡!??九州のあの福岡ですか!!」とオーバーに驚かれ、館内を丁寧に案内された。

プロジェクションマッピングのコーナーで突如始まったテンちゃんと今ちゃんの直感的コンテンポラリーダンス!
FullSizeRender
めちゃくちゃ面白い!!
FullSizeRender
来場のお客さんから拍手喝采が巻き起こるほどのふたりのパフォーマンス。即興でよくここまでやれるな、すごいわ。
FullSizeRender

その夜は鳴子温泉の鳴子ホテルに宿泊。
FullSizeRender
鳴子といえばコケシ、旅館内はコケシだらけだ。
FullSizeRender

温泉の泉質も良かったし、バイキングも豪華だったし美味しかったなー。
FullSizeRender

せっかくのバイキングなのにキウイばっか食うな!お前ら肉とか刺身とかメロンとか食え!!
FullSizeRender
FullSizeRender


8月6日。

今日もボギー家族ツアーはオフ日。暑くて観光する気にならないので旅館からすぐ次の旅館へ。
FullSizeRender

家族の疲れを癒す2デイズ、次に訪れたのは栃木の鬼怒川温泉。
FullSizeRender

でも、バイキング2デイズは逆にしんどい。
IMG_7576
味も昨日のバイキングのほうが良かったので、少しテンション下がる。
FullSizeRender

知らない演歌歌手の歌謡ショーもやってた。
FullSizeRender
FullSizeRender

歌謡ショーのあと始まったジャンケン大会で今ちゃんが勝ちまくり!
FullSizeRender

縁日コーナーのクジ引き券1000円ぶんをゲット!
FullSizeRender

そのクジ引きも大当たりしまくる!今夜最高にツイてるやん!!!
FullSizeRender
FullSizeRender

しかしこのあと、モンドとベイビーの親子ゲンカ勃発。明日、東京で雑誌の取材があるのでその前にちょっと伸びてるモンドの前髪をベイビーがいつものように切ることにしたのだが、切り過ぎてしまったのだ。

怒って帽子をかぶったまま口を利かないモンド…。
IMG_7606

ぷぷぷ…。

明日はいよいよ東京でボギー家族まつりだ!


8月4日。

ボギー家族ツアー10ヶ所目、宮城の栗原にあるカフェかいめんこや。とても古くて、とてもかわいい日本家屋。元々は薬屋さんだったそうだ。
FullSizeRender

店内も古くてかわいいものだらけ、椅子も棚もランプも置き物も、
FullSizeRender
FullSizeRender
トイレもすごかったなー。チキンジョージいるし、蛇口のパイプ管もおもしろい。
FullSizeRender
FullSizeRender
どこもかしこもモノに対する愛情をかんじる。アイスコーヒーのストローひとつにも、そのこだわりが伝わってくるのだ。
FullSizeRender

あぁ、こういう店はエンケンさんや知久さんも大好きだろうなーと思ったら、エンケンさんの影をチラホラ発見!店主のかぜのすけさんに聞いたら、案の定カフェかいめんこやでエンケンさんも知久さんもライブしたことあるという。やっぱりそうか〜。
なんか嬉しいな〜。
FullSizeRender
ピアノの蓋の裏に、歌いにきたミュージシャンのサインが書かれている。エンケンさんの隣りにボギー家族のサインを並ばせてもらって光栄だ。
FullSizeRender

イベントはじまる前に街をぶらっとお散歩、栗原市の栗駒で開催されるという夜市の看板がめちゃくちゃ怖い!歩行者天国と書いてあるが、あの世に連れて行かれそうだ…。
IMG_7205

そんな栗駒は寂れてはいるけど、とても懐かしくて安心する街並み。散策しながら街の空気を吸いこむ。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
今どき100円のかき氷屋さん。
モンドはマスカット、今ちゃんはメロン、テンちゃんはラムネ。ぜんぶ緑色やな。
FullSizeRender
しかし、テンちゃんのラムネ、着色料がエグい!!!
FullSizeRender

お昼ごはんに「たかの」という大衆食堂でカツ丼を食べた。あれ?カツ三切れしか乗ってないやん…って思ったが、そのカツのブ厚さに驚き!余裕で二枚分の厚み!中華そばのスープに味噌をまぜた不思議な味の味噌汁も美味かった。
FullSizeRender

さっきかき氷食べたばかりなのに、パピコちゅーちゅーする人たち。暑い日のパピコはうまいもんね。
FullSizeRender

カフェかいめんこやでモンドくんの似顔絵屋さん開始。暑さに弱いモンドはここ数日の暑さにやられたのか頭痛でちょっとダウン気味。
FullSizeRender

それでも似顔絵に手抜き一切なし、似てる。満員御礼17人を描ききった。
IMG_7208
FullSizeRender

宮城の栗原は交通の便がいい場所ではない。むしろ、かなり行きづらい。しかし、ボギー家族ツアー最北端ということもあり、青森から、山形から、新潟からと、東北各地からたくさん会いにきてくれて本当に嬉しかった!
FullSizeRender

かいめんこや店長夫妻。
FullSizeRender

ウィーアーリトルゾンビーズに感動して青森から駆けつけたという超アクティブなYamさんはギャラリーをやっているらしい。いつか青森でモンドの展示をやれたらいいな〜。
FullSizeRender

お店の片隅でずっとLEGO遊びする今ちゃんと主催高橋くんの長男ようちゃん。
FullSizeRender

「ねぇ、こんやぼくんちとまる?」
「とまりたーい」
「おいでよー、ゲームもあるし」
「いくいくー」

傍らでドキドキしながら盗み聞きする父であった。

毎年ボギー家族を宮城に呼んでくれてる高橋くんはデザイナーもやっており、彼のデザインやロゴはとてもシンプルかつセンスが良くて好きだ。
IMG_7174

夜の部、ボギー家族ライブがはじまる。宮城は東北といえどぜんぜん暑い。むしろ暑い。エアコンほとんど効いてない店内に無数の扇風機がフル稼動!!!
FullSizeRender

お客さんもたくさん集まりライブが始まった。
IMG_7399
開始早々から今ちゃん変なテンションだわ、
IMG_7492
テンちゃん鼻血出すわでわちゃわちゃ。
IMG_7496
5人のグルーヴがうまく合わない。その噛み合わなさをお客さんは笑って見守ってくれてる。いや、それはそれで悪くはないけど、こんなもんじゃないから、と少し焦る。

中盤「タコの知能は3歳児」でやっと噛み合い始め「BON-ODORI」でグイッと盛り上がってきたところで携帯の緊急地震警報が鳴り響く!

演奏中断、すぐに揺れだす。窓ガラスはガタガタと音を立て、古い家屋がぐらぐら震える。今ちゃんとテンちゃんを抱き寄せ、揺れがおさまるのを待つ。

長い揺れだった。

騒然とする会場、お客さんがすぐさま携帯で情報を伝える。「宮城で震度5弱!」
IMG_7389

揺れはおさまっても、動揺はおさまらない。

こんな事態なのに、俺はこのライブをどうするかばかり考えていた。たぶん俺には動物的な危機回避能力は無いのだろう。芸人根性しかない大バカ野郎だ。

すっかり静まり返った空気のなか、ゆっくりとフィッシュマンズの「POKKA POKKA」を歌う。
IMG_7252

♪心の揺れを鎮めるために 静かな顔をするんだ

からの「ぼくとはと」。

♪今日はなんだか やさしい気持ちでいっぱい

こわばった空気がゆっくりとほぐれるのを感じた。

再び「BON-ODORI」!!今ちゃんは生まれて初めての地震体験に怖がり、まだボギーにしがみついていたが、曲がはじまると「ゾーンビっ!」って歌いだした。ぐんぐんボルテージが上がる!!
IMG_7504
そして「バカになりましょう」で完全に家族のうねりを取り戻す!!家族5人が正五角形に突き抜ける超フリーダムな集合体だ!!!
IMG_7515

最後はボギ八先生「贈る言葉」!
FullSizeRender
からのみんなで店の外に飛び出して道路で胴上げ!!
FullSizeRender
栗駒の夜はとても静かだ。しかも大きな地震が起きた直後にワッショイワッショイ!て大騒ぎもいかがなものかとちょっぴり思ったが、それよりも生きてる喜びの爆発のほうが大きいのだ!

ライブが地震で中断するという初めての経験をさせてもらった。被害がなかったことが何よりの喜びだし、あの場にいたみんなにとってもきっと忘れられない夜だろう。
IMG_7384

打ち上げはカフェかいめんこやがたくさん料理を出してくれて、とても身体に優しくおいしかった。
FullSizeRender
FullSizeRender

一日中すごく暑かったことと、ライブで神経を集中しすぎたせいもあり、みんなかなりぐったりしてたかもしれない。撃沈…。
FullSizeRender

ボギー家族ツアーの宮城編もまたいろんな思い出ができた。毎年ボギー家族で宮城に行けてるのは全て主催の高橋くんのおかげだ。いつも宮城の名物を差し入れくれたり、寝床も用意してもらったり、帰りにもらった麩饅頭もおいしかったなー。ほんとうにありがとう!また来年もよろしくねー!
FullSizeRender

8月3日。

福島でのライブ終了後は今ちゃん体調悪いこともあり打ち上げは無しで、今年も恵美ちゃんの家に泊めてもらう。たっぷり寝て、朝にはもう今ちゃんの熱も下がっていた。あぁ良かった〜。
FullSizeRender

一年ぶりに会うすももちゃんをなでなで。子供たちはすももちゃんが大好きで今年も会うのを楽しみにしていたのだ。

恵美ちゃんのお母さんが朝食を用意してくれて、それがもう朝からすごいご馳走!色とりどりの美味しい野菜がたっぷり!!これは元気になる!
FullSizeRender
ロングツアーの疲れを一瞬にして吹っ飛ばす魔法の汁!それが貝汁だ!!
FullSizeRender
さらにデザートは桃!疲れはもはや遠い彼方へ。
FullSizeRender

恵美ちゃん家の庭になってるトマトを収穫させてもらった。太陽の光いっぱい吸い込んだ自然のトマトって青い匂いがするんだけど、その匂いが大好き!子供のころ、勝手に畑からもいで食べた記憶を思い出す。
FullSizeRender

心配したけど今ちゃんの熱も下がりすっかり回復してホッとした。

恵美ちゃん、お母さんどうもありがとうございました!すももちゃんも元気でねー!
FullSizeRender

もうここは福島の実家だよ。

今日はオフ日なのでテキトーに観光しながら宮城へと向かう。

ベイビーが「サンドイッチマンがアメトーークで紹介してた油揚げが食べたい!」と言うので、仙台の定義豆腐店へ。
IMG_7001

130円、安い!うまい!

「アメトーークで紹介されました」とか「サンドイッチマンおすすめ!」とか店内に貼り紙してない姿勢も最高!
FullSizeRender

しかし、暑い。とにかく暑い。
東北暑いわー。

今ちゃんの麦わら帽子、おみやげ屋にて350円でゲット!
FullSizeRender

すんごい大きくて綺麗な蛾を発見!かっこいい!!!
FullSizeRender

仙台からなんとなく松島へ。

松島や ああ松島や 松島や

の松島。

FullSizeRender

あまりの暑さに思考がストップしてしまい、なにも考えず、吸い込まれるように入った店で昼ごはん食べる。あとで知ったけど、店の名前が「お魚プロジェクト」って…何で??知ってたらまず入らない店名だ(笑)。
FullSizeRender

穴子と牡蠣のあい乗せ丼。
1800円、うまいけど高い。
FullSizeRender

デザートにラ・フランスソフトクリームを食べた。おれはラ・フランスが大好きなのだ。なんとなく口にするのが恥ずかしい果物、ラ・フランス。

家族でおれ以外はみんな好きじゃない果物、ラ・フランス。
FullSizeRender

松島から海岸沿いを走り石巻まで、ほぼ通過しただけだが、やはり震災の爪痕はあちこちに残っていた。手付かずの広大な土地もたくさんあるが、新しいぴかぴかの家や店、道路、看板、標識がならぶ街並みを眺めながら、失われた風景に想いを馳せる。
FullSizeRender

東日本大地震が起きた年のこと、モンドは記憶しているが、テンちゃんは幼すぎて覚えていないようだ。今ちゃんはまだ生まれてもいない。
FullSizeRender

あのときに感じたこと、とにかく家族を守らなきゃと強く思ったこと、行動したこと、震災後の日本で生きていくこと、たくさんのことを思い出したり、考えたりしながら、今日は一日中、東北の景色を眺めていた。
IMG_7037

その夜、宮城の栗原までいき、ビジネスホテルにて宿泊。

FullSizeRender

明日は宮城の栗駒という、初めての街でボギー家族ライブだ。

8月2日。

郡山ピークアクションに到着。ツアー始まっていちばん暑いのがまさかの福島、バリ暑い!!

しかも、今ちゃんは発熱したまま。ライブハウスの片隅に簡易ベッドを作ってもらった。熱が下がればいいのだが。
FullSizeRender

モンドくんの似顔絵屋さん開始。
IMG_6751
ピークアクション渡邊店長、めちゃくちゃ似とる〜!
IMG_6762
福島でウィーアーリトルゾンビーズを観てタケムラからモンドを知り、そしてボギー家族に会いに来てくれた高校生の女の子。ナンバーガールのコピーバンドでドラム叩いてるんだそう。
FullSizeRender
共演のthing of gypsy lionこと、まことさんは桃農家。2年前の家族ツアーのときもたくさん桃を持ってきてくれたけど、今年もいっぱい!
IMG_6745
似顔絵、似過ぎ。
FullSizeRender
主催の藤野恵美ちゃんは愛犬すももちゃんと並んで一枚。
IMG_6922

夜の部が始まる前にピークアクション目の前の「大助」にてボギー家族ライブの前打ち上げ。牛タンがバリバリ美味い!!
IMG_6803
焼き鳥もイカ焼きも最高。こりゃテンション上がるわー。
FullSizeRender

今夜は今ちゃんがダウンだから男3人がいつもよりもっと頑張らなきゃだ!
えいえいおーっ!!
FullSizeRender

熱がまだ高い今ちゃんにアイスを買ってやろうと思いテンちゃんと街へ。ピークアクションの外はうねめ祭りの人混みですごいことになっていた。
FullSizeRender
4年前に焼き鳥屋でたまたま仲良くなったおっちゃんから聞いたうねめ祭りがこれか!
FullSizeRender

手作り感ある露店もいろいろあって楽しい。
FullSizeRender
FullSizeRender
あ〜、今ちゃんが元気なら大はしゃぎだったろうなぁ…泣。
FullSizeRender
しょぼい景品が並ぶ輪投げ(6回300円)の中に、千円札が混じってる!
FullSizeRender
もちろん千円札狙いで投げるのだが、下の四角い木の根元まで輪が入らないと千円札はもらえない。6回すべて四角い木の に引っかかってしまった。まぁ、そういうもんだよ夜店って。結局しょぼい景品をひとつだけゲット。
IMG_6823

アイスを買って人混みを掻き分けてピークアクションに戻る。まだ体温が高い今ちゃん、パピコをちゅーちゅー。抱っこした感じで伝わってくる弱々しさ。今夜のライブ、今ちゃんは無理だろうな…と、悟った。
IMG_6847

ライブは共演者が2組。主催の藤野恵美ちゃんは浴衣姿でピアノ弾き語り、ラスト2曲とくに素敵だった。
FullSizeRender

thing of gypsy lionは言葉の人、厳しくも優しい視点で詞を書いてるのがすごく共感できる。
FullSizeRender

うねめ祭りの喧騒とは真逆の、静かに伝わる音楽が地下のピークアクションで鳴っていた。

ボギー家族ライブの時間。やっぱり今ちゃんは熱が高くて無理そうだけど、どうせなら5人一緒がいいと思いステージの上にパイプ椅子ベッドを作ってそこに寝かせた。
IMG_6974

熱でぼーっとはしてるけどキツそうではないし、なにより今ちゃんの眼に「それでもやる」という光を感じたから。

持ち時間が40分と短かったのは幸いだ。なんとかやれる!一曲目からベイビーがメインボーカルの「ぼくとはと」で始めた。今夜はテンちゃんのカホンが特に力強い。モンドもいつもより少しばかり「がんばろう」という顔色をしてる。俺はいつもよりよくしゃべったかもしれない(笑)。
IMG_7047

今ちゃんは横になりながらも鈴を振り、歌を歌っていた。ちゃんとボギー家族のひとりとして演奏に加わっていた。俺は胸がいっぱいだ。

あの姿をみて、児童虐待だ!と思う人がいるだろうか?
IMG_6972

今ちゃんは今ちゃんの意思で、今ちゃんなりのプロ意識を持ってステージに立っていると思う。寝てても。

最後はボギーがひとりで「家族のうた」「カーニバル」を歌った。家族みんながステージから降りたあと、今ちゃんだけが「ステージもどる」と言ったらしく、また戻ってきた。そしてバカやってる父の後ろで手拍子しながら歌ってくれたのだ。
FullSizeRender

結局、今夜も今ちゃんがぜんぶ持っていったなぁ(笑)。

<郡山ボギー家族セトリ>
ぼくとはと
戦争ワルツ
ウィーアーリトルゾンビーズ
BON-ODORI
バカになりましょう
星のOHAKA
家族のうた
カーニバル
贈る言葉


ボギー家族ライブがはじまる直前にテンちゃんが「あ!モンドの絵だ!」と壁に指差したのは、モンドが小5のときに描いたドラびでお一楽さんの似顔絵。
FullSizeRender
4年前にピークアクションとボギーを繋いでくれたのが一楽さんなのだ。

だから今夜は一楽さんが見守ってくれてるような気がした。

そんなわけで4年ぶりの郡山ピークアクション!企画してくれた藤野恵美ちゃんには大感謝だし、いつもめちゃ暖かく迎えてくれる渡邊店長はじめスタッフのみなさんにも感謝!今回は今ちゃんのことで気を揉ませちゃったので、次はきっと万全の状態で来ます!
IMG_6921
っていうかライブ後、今ちゃん元気戻っとるし(笑)!
FullSizeRender

8月1日。

オフ日だが、渋谷シネクイントで千秋楽の「ウィーアーリトルゾンビーズ」を家族で観るために渋谷へ。
FullSizeRender

ほんとは違うスケジュールを立ててたんだけど、「シネクイントでウィーアーリトルゾンビーズ観たかったな…」とベイビーが言ったひと言で「じゃ行こうぜ!」ということに。
IMG_6674

透子ちゃんも合流して、一緒に観ることにした。透子ちゃんとは2年前くらいに別府で知り合ったんだけど、たまに家族に会いにきてくれる。自然と溶け込んでてなんとなくウチの子らと兄弟のような、そんな感覚だ。
FullSizeRender

「ウィーアーリトルゾンビーズ」はこれまで試写会、渋谷シネクイント、中洲大洋、ユナイテッドシネマももちと、計4ヶ所で観た。同じ映画でも映画館によってぜんぜん違うのだ。特に音響は。シネクイントは音も大きく、細かな音までよく聞こえた。
FullSizeRender

きっとまたどこかの映画館で観るんだろうな〜。そりゃ観るよな〜。
IMG_6686

公開当初はあんなにガラガラだったのに、口コミやSNSで話題となりはじめついに客席は満員御礼!!嬉しいなぁ。でももっともっとたくさんの人に観て欲しい作品だ。

今夜はシネクイント千秋楽ということで長久監督のトークショーもあった。
IMG_6731

上映後はお客さんに囲まれてサインなどに応える監督。
IMG_6726

モンドにもサインの列が。
FullSizeRender

あ、この方はリトルゾンビーズの撮影カメラマン武田さん。あの独創的なアングルやカメラワークはこの方の手によるもの。
IMG_6707

長久監督はじめ撮影スタッフの皆さんや出演者さんもたくさん来てて、ツアーの途中で再会できたことで元気もらえたし嬉しかった!!やっぱり行って良かったなぁ。
FullSizeRender

今年の家族ツアーはリトルゾンビーズのおかげで新しいお客さんとの出会いもたくさんなのだ。

上映後はそのまま福島へ出発。また車中泊。
FullSizeRender

ベイビーは少しだけ仮眠をとってまた朝の高速を走らせる。移動中、カーステはリトルゾンビーズのサントラか繰り返し繰り返し流れていた。
IMG_6713

郡山に早朝到着して温泉ランドでだらだらと暇をつぶす。ボギー家族ツアーに無くてはならない場所、それは24時間やってる温泉ランドだ。FullSizeRender

郡山まねきの湯、このお昼の定食(バリ美味い)と入館料がセットで1080円て!安すぎー!!

FullSizeRender

さあ、身体も休めたし、今夜のライブ会場ピークアクションにそろそろ出発かなってとき、今ちゃんがぐったりしていることに気づく。

身体を触ると熱い…かなり高い熱だ。
FullSizeRender

たしかにツアー疲れが出るタイミングではあったかもしれない。ギリギリまで休ませて、熱が下がらなければ今夜のライブは今ちゃん抜きでやるしかないだろう。

7月31日。

ボギー家族ツアー8ヶ所目は相模原の藤野という山奥の集落にある廃材エコビレッジゆるゆる。
FullSizeRender
どこを見てもイかれてる空間でかなり面白かった。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

実際ここ、子供たちには最強の秘密基地みたいなインパクトだろうな。
FullSizeRender

このヤバイ秘密基地を廃材使ってひとりで作り上げたのが飛龍さんという方。フェイスブックのプロフィール写真からしてもの凄く胡散臭いのだけど(笑)。
IMG_9285

その飛龍さんは何を生業にしているかというと万華鏡作家で、見せてもらった万華鏡がまたヤバかった!
FullSizeRender
めちゃくちゃスゲエ!
IMG_9282

ここに集まってくる人はやっぱり可笑しな人が多いようで、生活冒険家のNaruと名乗るこの方は、軽トラの荷台に部屋を作り、そこで生活しながら全国を放浪しているという。今度テレビチャンピオンにも出るそうだ。
FullSizeRender
こんな車でボギー家族ツアーできたら最高だなー。荷台がそのままステージになって、どこでもゲリラライブやって投げ銭稼いで次の街へ、とかね。

どこを見ても面白いゆるゆるだが、その隣りには川があり、みんなで川上へ向かって探検した。
IMG_6254
あまりに暑かったから俺もズボンのまま川に飛び込んで、水がとにかく冷たくて気持ちよかったなー。
IMG_6326

ショボい滝行中の今ちゃん。
FullSizeRender

でも、途中ですごい死臭がして、そこには猿だか狸だかハクビシンだか分からない獣が死んでた。子供たち、ジーッと死骸を見つめていた。
IMG_6249

それもまたスタンドバイミーな体験だと思う。

そして俺はヒルに血を吸われた!!!
人生初ヒル!!!リアルスタンドバイミー!
FullSizeRender

生まれて初めて吸われたけど、まるで気付かないのだ。「あ、なんか黒いの付いてる」って感じ。不思議なくらい痛くも痒くも無くて、血だけがどんどん出る。ヒルが血を固まらなくする液体を出すらしい。しばらく血が止まらなかったけど、おれは初ヒル体験に興奮していた。
FullSizeRender

子供たちもうじゃうじゃいるおたまじゃくしやイモリに興奮しまくりだし。
IMG_6224

しかし想像以上に山の中。最寄りの駅から徒歩2時間もかかる場所なのだ。当然だれも徒歩では来ない。たどり着けるのは車がある人、もしくはこの村の人、だけなのだ。
FullSizeRender

平日の山の中ではさすがに予約も満席というわけにはいかず、昼の部のモンドくんの似顔絵屋さんはお客さん4人だった。みなさんそっくり。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

最後に描いたのは「へろへろ」を読んでボギーとモンドのことを知ったご年配、どこか未来の鹿子さんを彷彿させる風貌。しかし、まだまだ宅老所には入らなくていいほど超元気ぶり。だって夜のライブでは真っ先にボギーを胴上げしてくれてたほどだから(笑)。
FullSizeRender

めちゃくちゃ山奥だけど、透子ちゃんとセガールさんが来たー!!!イェーイ!テンションあがるー!!
FullSizeRender

セガールさんが持ってきた山ほどのトウモロコシを湯がいてもらってみんなで食べたの、めちゃくちゃウマかったなー。
IMG_6402
お酒も湧き水で冷やしたり。
FullSizeRender
このあとボギー家族ライブだよ。ほんとにやるの?ってくらいバカンスしてる。
FullSizeRender

廃材エコビレッジゆるゆるでボギー家族に遊んで欲しいという想いで今回の主催をしてくれたannasekaiちゃん。
FullSizeRender
イベントの仕切りをしながら今ちゃんと姉妹みたいにたくさん遊んでくれたり、カレーを出店したり、いろいろ大変だったと思うけど、おかげでホント遊びまくれたしカレーもめちゃウマだったよ!
FullSizeRender

夜の部がはじまる頃になるとお客さんがどしどし集まってきて、あっという間に賑やかな空間に!
IMG_6631

オープニングにannasekai。トイピアノやギターを使った絵本読み聞かせライブ。かわいいステージング。
IMG_6630

ボギー家族ライブin廃材エコビレッジゆるゆる!
IMG_6633
このロケーションはヤバイ!!
IMG_6636
ここはホントに日本なのか?
IMG_6632
FullSizeRender
エアコンは無い。蒸し風呂のような空気を扇風機の風がかき回すだけだ。
FullSizeRender
しかし、汗びっしょりになって演奏をするのは悪くない。生きてる感じすごくする。お客さんも暑い中やんややんやと盛り上がってくれた。
FullSizeRender

ボギー家族ツアー8本目の胴上げ!
こんなに毎日毎日胴上げされている人間は世界にただひとり。

ボギーだ!!!
FullSizeRender

<廃材エコビレッジゆるゆるボギー家族セトリ>
NO FUN MY WAY
酒がねぇ
カントリーロード
楽天ふるさと納税
おさんぽ
戦争ワルツ
ウィーアーリトルゾンビーズ
ロックンロールのうた
BON-ODORI
バカになりましょう
星のOHAKA
家族のうた
カーニバル
贈る言葉


家族ツアーの醍醐味は、変な場所に誘ってもらえることだ。好きなことやって生きてる人々を知ることは、この時代を生きぬく強さ、逞しさみたいなものを子供たちに学ばせてくれる。‬ ‬
IMG_6637

annaちゃん、ここに呼んでくれてありがとう!飛龍さん、また遊びましょう!
FullSizeRender

幻のような空間だった廃材エコビレッジゆるゆるを後にし車で1時間、たどり着いたのは東名厚木健康センター。今夜はここに泊まろう。
FullSizeRender
たまたま見つけたんだけど、ここもまたいい感じだな〜。
FullSizeRender
風呂入って仮眠室で雑魚寝して、漫画も読めるし24時間ごろごろできるし。健康センター良いね〜。
FullSizeRender
卓球ルームもかわいい。
FullSizeRender

7月30日。

ツアー11日目、朝マック。ここらでジャンクフードが欲しくなるよね。ジャンクフードうめー。
FullSizeRender

しかし、ハッピーセットのオモチャの取り合いで朝からケンカして怒られるテンちゃん今ちゃん。どこがハッピーセットや!しかもなんやこのオモチャは!
FullSizeRender

ボギー家族ツアーの折り返し地点、今日は身体を休めるためのオフ日だというのに、なぜかテンちゃん今ちゃんを市民プール連れていくハメに…。
FullSizeRender
お前ら疲れ知らずかよ!

そしてモンドはブックオフへ。なんで富士山の近くまで来てブックオフを探さなきゃならないのか?
FullSizeRender

今日は山中湖ガーデンヴィラというリゾートホテルに宿泊。ここに泊まるのはこれで3回目。
FullSizeRender

森の中の静かな旅館で身体を休めるのに最適。しかも、めちゃくちゃ安いのだ。オバケ出そうだけど(笑)。
FullSizeRender

山中湖をおさんぽ。
FullSizeRender
FullSizeRender
自然画素高け〜!(富士山はうっすらしか見えなかった)
FullSizeRender

この旅館は料理おいしいのだ。特にほうとうの味噌クリームパスタと。
FullSizeRender
アヒージョをつけて食べる焼きたてのパンがめっちゃウマ!
FullSizeRender
パン、お代わりしすぎてメイン来る前にお腹いっぱい。
IMG_6158

ここまで大きなトラブルもなく順調に来れたことに乾杯!!!
FullSizeRender

ツアー後半もがんばるぞー!
オー!!


7月29日。

4年連続でお世話になってる名古屋のエスニック雑貨&カフェトライバルアーツに到着、もう「ただいまー!」って感じだ。エアコンが故障中らしくめちゃくちゃ暑かった。福岡を出発する前にいただいたミニ扇風機がフル稼働!
FullSizeRender
FullSizeRender

こだわった野菜や調味料を使った優しい味のカレーもうまい。
FullSizeRender

毎年名古屋を主催してくれるヒグーさんと「ウィーアーリトルゾンビーズ」がいかにすごいかを語り合う。ツアー各地で主催者さんやお客さんとこの映画の魅力を熱く語り合うものこの旅の楽しみのひとつであった。
IMG_5882

モンドくんの似顔絵屋さんは今日も満員御礼。
FullSizeRender
なんと台湾から遥々モンドに会いに来てくれたテイさん。ウィーアーリトルゾンビーズを台湾で3回も観てくれたんだそう。すごい!嬉しい!モンドのパンダTシャツ着てるし〜笑!!
IMG_5843
台湾でウィーアーリトルゾンビーズの特典としてもらえるらしいインスタントカメラを見せてくれた、めちゃくちゃカワイイ!!
FullSizeRender

名古屋には毎年来てるけど常に新しいお客さんで満席になる。ありがたいことだ、思えば雑誌「ヨレヨレ」が突然名古屋でプチブレイクしたのをきっかけに毎年呼ばれるようになったのだから鹿子さんにもありがとうだなー。
FullSizeRender
FullSizeRender

テンちゃん今ちゃんの似顔絵屋さんも大人気、今日もフル稼働。
FullSizeRender
IMG_5893
それぞれのタッチがいましか描けない線で味わい深い。
FullSizeRender
FullSizeRender

夜の部の準備、今からリハとは思えないほどのんびりした時間が流れる中、俺とヒグーさんだけ汗だくでドタバタする。
FullSizeRender

そんなとき、うきゃー!!!
MaMoさんが大須商店街のみたらし団子を買ってきてくれた!!
FullSizeRender
今回は時間がなくて大須に寄れないって話をお昼にしたから、わざわざいったん店を出て大須まで買いに走ってくれたのだ。MaMoさぁ〜ん!!
FullSizeRender
ここのみたらし団子が大好物なベイビーはテンション爆上がり!!!

夕暮れと共にトライバルアーツにお客さんが集まってきた。お子さん連れもいっぱい。ヒグーさんのDJ、リトルゾンビーズのサントラからもたくさん流してくれた。
IMG_5936

ボギー家族ライブ名古屋編、たくさんのお客さんに囲まれて和やかなムードの中ゆったりと演奏開始。
IMG_6076

しかしこのあと、最前列で若いお客さん(子供)同士の殴り合いケンカ勃発!!キッズアーオールライトですよ!マジなパターンですよ!
IMG_6181
ちょうど「戦争ワルツ」を歌ってる最中の出来ごと。

子供たちとはいえ最近ライブハウスで殴り合いのケンカとかめったに見なくなったので、これには燃えた!一気に子供たちのロックンロール魂にも火がついてめちゃくちゃ激しい演奏に!
IMG_6124

熱い空気を帯びたままボギー家族ライブの前半終了!そのタイミングで振る舞いスイカが会場で配られたんだけど、スイカの甘い匂いがいっぱいに広がって、みんなでかぶりついて、あれ、すごい良かったなー。
IMG_6118
スイカひとつで後半のムードがぜんぜん違ったもの。
FullSizeRender

後半突入!映画を観てくれたお客さんもいっぱいの名古屋で「ウィーアーリトルゾンビーズ」を演奏!!
IMG_6078
モンドがベース持っただけでイェーイ!って盛り上がる。間違いなく今年の家族ツアーのキラーチューン!ありがとうリトルゾンビーズ!
IMG_6120

最初だいぶお行儀良く座って見てた子供も大人も最後はみーんなバカになって肩組んでワッショイワッショイ!!!バカのほうがぜったい楽しいよね!
IMG_5971

ボギ八先生の胴上げの写真がまるでゾンビ映画のワンシーンみたいだ(笑)。
FullSizeRender
IMG_5992

<名古屋ボギー家族セトリ>
前半
NO FUN MY WAY
酒がねぇ
山谷ブルース
楽天ふるさと納税
カントリーロード
おさんぽ
ロックンロール
戦争ワルツ

後半
ロックンロールのうた
タコの知能は3歳児
BON-ODORI
バカになりましょう
ウィーアーリトルゾンビーズ
星のOHAKA
家族のうた
カーニバル
贈る言葉


ボギー家族ツアー名古屋編にたくさん来てくれてありがとうございました!帰り際にみなさん口々「また来年もきてね」と言ってくれてホント嬉しい。もし来年も家族ツアーをやれるならもちろん名古屋行きます!
FullSizeRender

そして4年連続で根気よくボギー家族を呼んで地道に名古屋に浸透させてくれてる主催のヒグーさん。毎年、似顔絵とライブをやらせてもらってる会場のトライバルアーツさんには心から感謝です!
FullSizeRender

名古屋の打ち上げはヒグーさん夫妻といつもの中華屋へ。
FullSizeRender
安くて腹いっぱい。ヒグーさんとの話が弾みすぎて子供たち完全に眠そうなのにしゃべり続けてしまった。まだしゃべり足りない。
FullSizeRender
FullSizeRender

ボギー家族ツアーも折り返し地点。ここで初の車中泊。さすがに狭すぎる…。
FullSizeRender

このページのトップヘ