モンド今日の絵

【モンドくん(奥村門土)】 2003年、福岡に生まれる。両親からイタリア語で「世界」という意味を持つモンド(MONDO)と名付けられ、幼少の頃より独特の個性を発揮。3歳頃より面白い絵を描き始め、小学生になると絵がコンクールで入賞したり、週末には似顔絵屋さんとしても活動をはじめる。まっすぐ純粋に見たものを見たまま描くというスタイルで描かれる人物画が話題となり、2014年に初の画集「モンドくん」(PARCO出版)発表。そのほか雑誌「ヨレヨレ」の表紙や挿絵、谷川俊太郎とのコラボ、瀬戸内寂聴「死に支度」の装画などを担当。「文學界」「東京新聞」の挿絵を連載中。メディアにも度々取り上げられ、東京や台湾、シンガポールでの個展開催など、国内外で大きな注目を集めている。巨大壁画制作やフジロックなど全国の大型フェスにも出演するなど、その世界をさらに広げつつある。現在14歳。ミュージシャンである父・ボギーが選んだ人物を毎日1枚描き、親子の日記としてブログに発表し続けている。 <モンドへのメールやおしごと依頼はこちらまで> yokotin_b@hotmail.com <モンドのインスタグラム> mondo_world http://instagram.com/mondo_world <父ボギーのブログはこちら> http://bogggey.blog.jp/

2018年09月

テンちゃんと今ちゃんにもプリンス描いてもらったので比較してみましょう。


今ちゃん(5歳)のプリンス。めちゃくちゃオモロイ!

プリンス(今ちゃん)


テンちゃん(10歳)のプリンス。味わいあるし似てる!

プリンス(テンちゃん)


モンド(15歳)のプリンス。かっこいい! 

プリンス
 

A9recordsのサイト内にある「教科書のラクガキFun club」でモンドが一年間連載していた「有名音楽家の歌詞を想像で書く」コーナーが終了した。すごく面白い連載だったし、楽しみにしてる人も多かったので、このまま継続してモンドには歌詞を描き続けてもらおうと思う。

というわけで、連載終了後の第一弾はプリンス「のびてきたな」。めちゃくちゃ面白い。

プリンス


シンプルに絵としてもかっこいい。

プリンス


ちなみに、過去の作品をいくつかピックアップ。これまとめて見ると最高に面白いと思うんでいつか本にしたいんだけど...怒られるかなあ(笑)?

ジャスティンビーバーピクチャ
マリリン・マンソン「そうじ好き」
岡村靖幸「わるいだろー」
布袋寅泰「つかめるぜ」


「教科書のラクガキFun club」
http://a9records.com/rakugaki/

東京新聞で月一連載していた鹿子さん+モンドのコラム「はみだしルンルン」ついに最終回。

しかし、好評につきまた11月からこのコンビで新連載はじまるよ。お楽しみに!


FullSizeRender

FullSizeRender


モンドが描くネコの絵、好き。


ネコ

六本松蔦屋書店にて今日から開催の写真展「ロッポンマツメモリーズ」には、モンドくんが描く六本松の風景画コーナーもあります。


FullSizeRender

FullSizeRender


懐かしい六本松や古すぎて知らない六本松の写真たち、楽しい展示です。


FullSizeRender
FullSizeRender

画集「モンドくん」とボギー「呑み屋のはなし」も売ってますよ。

FullSizeRender

入場無料で10/5までですのでぜひ。

FullSizeRender

9月12日。

今日はモンドの15歳の誕生日。
この絵は昨夜、14歳最後の夜に描いた自画像である。


モンド自画像15歳


さらっと15分ほどで描き上げてしまった。

現在、モンドは中3の2学期。
進路についてはまだ決めかねているようだ、っていうかなんも考えてなさそうにも見える。

父親の「どーにかなるさ、今を楽しもう」という性格をモンドはしっかりと受け継いでしまったように思う。

進学するつもりなら少しは勉強してほしいところだが(笑)。本音をいえば、高校は、行っても行かなくてもいい。学校でも社会でも学ぶことは必ずたくさんあると思うから。 

大事なのは、本気で生きてるかどうか。

それだけは見守り続けたい。 

このページのトップヘ