モンド今日の絵

【モンドくん(奥村門土)】 2003年、福岡に生まれる。両親からイタリア語で「世界」という意味を持つモンド(MONDO)と名付けられ、幼少の頃より独特の個性を発揮。3歳頃より面白い絵を描き始め、小学生になると絵がコンクールで入賞したり、週末には似顔絵屋さんとしても活動をはじめる。まっすぐ純粋に見たものを見たまま描くというスタイルで描かれる人物画が話題となり、2014年に初の画集「モンドくん」(PARCO出版)発表。そのほか雑誌「ヨレヨレ」の表紙や挿絵、谷川俊太郎とのコラボ、瀬戸内寂聴「死に支度」の装画などを担当。「文學界」「東京新聞」の挿絵を連載中。メディアにも度々取り上げられ、東京や台湾、シンガポールでの個展開催など、国内外で大きな注目を集めている。巨大壁画制作やフジロックなど全国の大型フェスにも出演するなど、その世界をさらに広げつつある。現在13歳。ミュージシャンである父・ボギーが選んだ人物を毎日1枚描き、親子の日記としてブログに発表し続けている。 <モンドへのメールやおしごと依頼はこちらまで> yokotin_b@hotmail.com <モンドのインスタグラム> mondo_world http://instagram.com/mondo_world <父ボギーのブログはこちら> http://bogggey.blog.jp/

2014年09月

モンドが学校で書いてくる作文がクソ面白くない。
国語の成績も悲惨なものです。 

絵はうまいが、国語が大の苦手なモンドのために、絵日記を描かせることにしました。 
家の中になにげなくある物をじっくり観察し、「それ」について描く絵日記です。 


これで少しでも国語力が付いてくれればという願いを込めて。 
 


 なまえぺんとけい
ティッシュ
ちきゅうぎ
こわれた麦わら帽子
リック

モンドが描いた力作の遠藤賢司!!!
来たる11月2日のエンケンVSボギーのチラシが完成いたしました。

ドーーーーーーン!!!!


ハイコレ133




<<エンケンさんからもメッセージが届きました>>


件名: エンケンよりボギーへ。息子さんの画かっこいいよ!


象形文字で歌いカツ引っ掻き叩く言音一致の純音楽家エンケンだあ!

で、純音楽家同志!ボギーとの対決なら、志(こころ)おきなく潔し!

で!エンケン遂に新鮮アルバム【恋の歌】で45年目の再デビュー!

!(・。・)/原発全廃 \(・.)/個々人の歌は自由民権の礎なり \(.・)/W(・○・)Wわっしょい!エンケン!




●不滅の男エンケンさんが福岡にやって来るっ!!今回はギターやピアノの弾き語りでたっぷり!しかもボギーとのツーマン勝負です。魂の激突、ぜったいぜったい見に来てくださいね。ほんとだよ。



~遠藤賢司!デビュー45周年「恋の歌」発売記念ツアー~

『ハイコレ133~エンケンvsボギー~』
 

11月2日(日)@福岡スペーステラ

開場18:30 開演19:00 

料金:ご予約3,500円 当日4,000円(要1ドリンクオーダー)

学割:当日3,000円(※要学生証)

出演)

遠藤賢司

ボギー




遠藤賢司

■ 遠藤賢司

‘69年デビュー以来、全くブレること無く「純音楽」道をひた走り今年デビュー45周年!!!ロックとかフォークとかパンクとかジャンル分け無用!!!遠藤賢司と云う存在そのものが音楽であり、生き様そのものが音楽であるのはライブを見れば一目瞭然。真っすぐに自分と向き合い、いつだってステージは全身全霊、命を賭けて宇宙と格闘しているような生命の大爆発!!!キングコングのように雄叫びを上げながら爆音ギターかき鳴らし、鬼の形相でドラムまでブッ叩く壮絶なライブを目の当たりにし、魂が震えないヤツはまず居ないだろう。また、アコースティックセットでの独創的かつ繊細なフィンガーピッキング、押し殺した呻きのような歌に息を呑むほどの緊張感を覚えるはずだ。静と動、この音圧の落差も大きな魅力である。09年の「ハイコレ100」で繰り広げたノントロッポとの熱き対マン勝負!!!あの日、初めてエンケンさんを目の当たりにした若者たちには、感動のあまり泣き出す者、笑いが止まらなくなる者、腰抜かし立てなくなる者、様々。みなキラキラした目で帰っていった。孤高の純音楽家「遠藤賢司」。貴方もあのライブの凄さを一度でも体験すれば、きっと人生が変わるはず!!!!! 

http://enken.com/main.html


『メイキング・オブ・遠藤賢司 Episode 1』

https://www.youtube.com/watch?v=DWXj1D_LumU

※2012年2月18日に名古屋のライブハウス「得三」で行われたライブの舞台裏をドキ­ュメントした貴重な映像。伝説の純音楽家・エンケンこと、遠藤賢司の素顔が垣間見える­ミニ・ドキュメンタリー。
 


吠えるボギー

■ ボギー
福岡を拠点にお祭り生活をおくる日々。ヨコチンレーベル代表、イベント「ハイコレ」「ラウンジサウンズ」主催。 バンド「nontroppo」「東京ノントロッポ」の活動と平行し、岡村靖幸、RCサクセション、たま、の完コピバンドとしても話題に。ほかにもDJ、テレビやラジオ出演、雑誌のコラム、イラストレーター、等々、多岐に渡るが、全ての活動のルーツは弾き語りにあり(音楽を始めたきっかけはエンケンさんのライブに衝撃を受けて!!!)。近年は異常なペースで全国各地でライブをしまくり、歌としゃべりで時空を超えるライブは常に大団円! 昨年、音楽生活20周年アルバム「アルコールメモリーズ」を発表。 ボギーを追ったドキュメント映画「地下音楽現場物語」(監督ゴトウイズミ)が公開される。名前の「ボギー」とはボーカル/ギターの略。今回チラシの絵は、息子であるモンド(10歳)による力作! 



※お問い合わせ及びチケットご予約は

yokotin_b@hotmail.com(ヨコチンレーベル)


ヨコチンレーベル
http://www3.to/yokotin/ 


anan1922-00


本日発売の「anan」にモンドのインタビューが載ってまーす。
成宮寛貴×佐々木 希のキッス写真で「ananモテコスメ大賞2014」ってのが表紙です。

モンドのインタビューはP126に「Book 奥村門土『モンドくん』」で掲載、俺が言うのも変ですが、モンドがえらく可愛く写ってます(笑)。

昨日コンビニで立ち読みしました...しかし「anan」を手に取るのってスゲー照れくさい(笑)!!!

本日、9/17(水)KBC「サワダデース。」で「ヨレヨレ」特集!
ボギー&モンドも出ますよー。必見かも!
午前10:45~ 11:26放送。

ヨレヨレ編集長・鹿子サンのブログでも宣伝してるのが、面白いです(笑)。


来月は名古屋で「大ヨレヨレ展」なるものまで開催されます!

ヨレヨレ


「大ヨレヨレ展」 

10/11(土)~11/3(月祝)

福岡発の読み応えズッシリのどうかしている雑誌「ヨレヨレ」。福岡で出会い、衝撃を受け名古屋で回覧したあげく編集部へ電話して扱わせていただくようになりました。インパクトのありすぎる表紙を描くのは10歳の男の子モンドくん。掲載の原画の展示と今や売れっ子モンドくんの似顔絵やさん、父ボギーさんのライブ、編集者の鹿子さんのトークイベントと期間中モノコトはヨレヨレづくしです。


モンドくんの出張似顔絵屋さん
10/12(日) 12時~16時 頃まで
要予約/ 一人¥1000(15分程度)

ボギーさんとプルタタのライブ
10/12(日) 19時/開場 19時30分/開演
予約¥2500 当日¥3000(共に+1ドリンク代)

ヨレヨレ編集者の鹿子さんトークイベント
「ヨレヨレを一人で作ってる鹿子さんにお話を聞く会」

10/31(金)
19時/開場 19時30分/開演
予約¥800 当日¥1000(共に+1ドリンクオーダー)

モノコト
住所:名古屋市中区大須2-18-45 仁王門ビル2F
電話番号:052-204-0206
営業時間:12:00~21:00
定休日:無休
HP:http://osu-monokoto.petit.cc/



あと、買える店舗も全国的にどんどん広がってきてるみたいですし、
ヨレヨレ、面白いくらい広がってますな〜。

今日、9月12日はモンドの誕生日です。

こっそり部屋の壁を飾り付け、学校から帰ってきたモンドは壁を見てうれしそう。
いまからお誕生日パーティーです。 

モンド誕生日11歳



11才のモンドにはどんな1年が待っているでしょう?

ドキドキするッ! 
 

このページのトップヘ