モンド今日の絵

【モンドくん(奥村門土)】 2003年、福岡に生まれる。両親からイタリア語で「世界」という意味を持つモンド(MONDO)と名付けられ、幼少の頃より独特の個性を発揮。3歳頃より面白い絵を描き始め、小学生になると絵がコンクールで入賞したり、週末には似顔絵屋さんとしても活動をはじめる。まっすぐ純粋に見たものを見たまま描くというスタイルで描かれる人物画が話題となり、2014年に初の画集「モンドくん」(PARCO出版)発表。そのほか雑誌「ヨレヨレ」の表紙や挿絵、谷川俊太郎とのコラボ、瀬戸内寂聴「死に支度」の装画などを担当。「文學界」「東京新聞」の挿絵を連載中。メディアにも度々取り上げられ、東京や台湾、シンガポールでの個展開催など、国内外で大きな注目を集めている。巨大壁画制作やフジロックなど全国の大型フェスにも出演するなど、その世界をさらに広げつつある。現在13歳。ミュージシャンである父・ボギーが選んだ人物を毎日1枚描き、親子の日記としてブログに発表し続けている。 <モンドへのメールやおしごと依頼はこちらまで> yokotin_b@hotmail.com <モンドのインスタグラム> mondo_world http://instagram.com/mondo_world <父ボギーのブログはこちら> http://bogggey.blog.jp/

2014年05月

5月20日。 

福岡ではお馴染みの長寿情報番組、FBS福岡放送『めんたいワイド』でモンドの特集が放送されました。「motto!」のコーナー。 

DSC08051




我が家の風景からパルコでの似顔絵展、ブックスキューブリックでの個展の展様子や昨日の「CIRCLE」での似顔絵屋まで、かなり密着して、丁寧に特集していただいてました。 


モンドと言う名前をニックネームだと思っている人も多いようですが、本名が門土。 

DSC08053




しかし、天才画伯と言われるのは本人もどーも照れくさいようで、「ぼくは天才じゃない、ぼくはバカ。」と言う(笑)。うんうん、それでいい。 

バカと天才は紙一重なのだから。 



今ちゃんもテレビ初出演〜。 

DSC08055





ガッツ石松の似顔絵を描いたあと「それは誰?」と聞かれ「知らん」と答えるモンド(笑)。

DSC08057




基本的に絵のモチーフはボギーが選んでるので、モンドは誰か分からずに描いています。だからこそ先入観無くそのままに描けるのでしょう。 


鹿子編集長のインタビューと共に「ヨレヨレ」第2号の表紙もドーンと紹介されました。もーすぐ発売です!めっちゃ楽しみ!!! 

DSC08058




ボギーもミュージシャンであることをちゃんと紹介されまして、これでただの怪しいお父さんでは無いと言うことが証明されたことでしょう(笑)。 

DSC08061




先日の「CIRCLE」での様子もふんだんに流れ、会場のとても楽しい雰囲気が伝わってきました。いや〜この日はほんと楽しかったな〜。 

DSC08062




モンドを紹介するテレビ映像としては今までで一番長い10分くらいの特集で、モンドとボギーの親子の関係性もきちんと紹介していただいてて嬉しかったです。 

DSC08064



館さんはじめFBSの取材スタッフの皆さん、ほんとうにおつかれさまでした。 




(((今後のイベント予定))) 



「ヲルガン座ディナーショー〜ボギーのライブ+モンドくんの似顔絵屋さん〜」 
5/24(土)@広島ヲルガン座 
開演20:00 21:00(2ステージ) 
入場無料+投げ銭(要1オーダー) 
※モンドくんの似顔絵(1,000円)※受付終了しましたありがとうございました。 
プレゼンター:ゴトウイズミ 
ライブ)ボギー 
※親子ツアーいきまーす。 ライブは20時から、似顔絵は15時くらいから描いてます。 



「子育てのはなし MSAスマイルサークル」 
5/28(水) 
@福岡市中央区大名2-6-36 4階 会議室(あいおいニッセイ同和損保福岡大名ビル) 
午前11時から1時間程度 
¥1000円 (限定20名) 
講師)ボギー 
※ボギーの子育てセミナー、と言いつつためになる話は何もしません。 
※ご予約はyokotin_b@hotmail.comまでおねがいします。 



『「ヨレヨレ」第2号発刊記念トークイベント&ボギーライブ』 
6/7(土) @ブックスキューブリック箱崎店 
18:30開場 19:00スタート 
2000円(ワンドリンク付・要予約・終演後懇親会予定) 
出演) 
鹿子裕文(「ヨレヨレ」編集長) 
村瀬孝生(宅老所よりあい 代表) 
下村恵美子(宅老所よりあい 創設者) 
ボギー(音楽家・ヨコチンレーベル代表) 
モンドくんの似顔絵屋さん(※似顔絵は受付終了しましたありがとうございました) 
※えらいおもろそーなイベントです(笑)。似顔絵は14時から描いてます。 
 

5月17日。 

福岡で春の野外フェスと言えば「CIRCLE」、急遽モンドの似顔絵屋さんで出店が決定し親子で海ノ中道海浜公園へ。ちょうどいま、FBS「めんたいワイド」の密着取材中だったもので、撮影隊も同行してなんだか仰々しい入場のモンド画伯(笑)。 

DSC07754 のコピー



会場に入るとぶわーっとお客さんいるし、天気も良いし、海風も心地良い。最高だ、ビール呑みたくなる〜〜〜〜っ(でもがまん)。 

DSC07851



今日モンドが似顔絵を描く場所はアーティスト物販テントのスペース。もうすでにお客さんが並んで待機してくれてました。わあ、うれしいな。11時半より似顔絵の受付開始、予約の整理番号20人分アッという間に終了。それでも「似顔絵まだ大丈夫ですか?」って次から次に来てくれるお客さんを「すみませんもう埋まっちゃいました」って断るのも申し訳ないけど、代わりにおれが描くわけにもいかんし...。 


さっそく1人目スタート!神戸から来たという元気な女の子二人組。 

DSC07758 のコピー
DSC07759 のコピー


ふたり目。

DSC07769 のコピー
 




モンドに似顔絵を描いてもらった人がかならず体験するのは、作家のいしいしんじさんが毎日新聞のコラムで書いてくれた表現がいちばん的確だと思うけど 


“モンドの目と自分とふたりきりの透明な世界” なのです。 


まっすぐ心の奥まで見られてるようでなんだかドキドキ恥ずかしく、そして出来上がった絵を見せられた瞬間のワハハッ!って笑顔。モンドもこの瞬間がいちばん好きみたい、だから描き終えるまでぜったいに絵は見せません(笑)。 

DSC07785 のコピー
DSC07787 のコピー




大体の人が、すこし老けて描かれます(笑)。でも子供の目にはこんなふうに見えているってことなんでしょうね。恐ろしいです。 


3人描いたら15分休憩。 


休憩時間になるとモンドは一目散に虫探し、どーやら今日は虫探しにハマった様子(笑)ここの芝生に「ゾウムシ」がいるらしく、休憩時間のたびに何匹も掴まえてきてました。 

DSC07773 のコピー




おれは休憩時間も物販のポストカードや本「モンドくん」を買いにくるお客さんがひっきりなしなので、大忙し!本はアッという間に売り切れ!ポストカードも200枚持って来てたけど、ほぼ無くなるという盛況ぶり!!あざす!今日は完全にモンドのスタッフに徹する父(ビール呑みて〜)。 


休憩後はすぐに似顔絵。 

DSC07803 のコピー




3人描いたとこで45分の昼食タイム。からあげ、ホットドック、かき氷、カレー。 
食べ終わったらテレビの取材インタビュー、まじで分刻みのスケジュール! 

DSC07776 のコピー




今週5/20(火)のFBS福岡放送「めんたいワイド」で、モンド特集あります! 
我が家の風景からパルコでの似顔絵展、ブックスキューブリックでの個展や「CIRCLE」まで、かなり密着していろいろ撮影してもらってまして、10分前後の長いVTRで紹介されることになると思うので、楽しみです。見てね〜! 

撮影隊の皆さんとパチリ。 

DSC07805 のコピー





黙々と描き続けるモンドの様子を見にマーマーの松本さんもちょくちょく来てくれました。松本さんのほうがなんか子供みたい(笑)かわいー。 

DSC07822 のコピー



ちなみに松本さんは今回CIRCLEに出演してたタイの絵描きウィスットポンニミットことタムくんの広報を担当してて、モンドの関西、東京ツアーのときもかなーりお世話になった人なのでした。 

タムくんの絵、めちゃくちゃ可愛いです。こちらHP。 


と、いうわけでタムくんとモンドくん、初対面〜。 

DSC07846 のコピー



タムくんややカタコトの日本語で「モンド凄イ、世界デ通ジル」って言ってくれました。 


似顔絵も後半戦に突入。 
こちらの若林さんというお客さま、お話ししてたら「CIRCLE楽しいですね〜、自分も北海道でこんな感じのフェスやってるもんで」なんて言うもんだから「なんてフェスですか?」って聞いたら「ライジングサンってフェスです〜」って、「えーっ!マジすかーっ!!!!」と、思わずノントロッポのサンプルCDちゃっかり渡す(笑)。 

DSC07823 のコピー



出たいな〜、フェス。ライジングサンも出たいし、CIRCLEもモンドの付き人じゃなくて、ステージに出たい。出れたら水を得た魚の如くクソ盛り上げる自信あんだけどなあ....。 


なんて、ぼやいてたらceroの優しいメンバーたちが次々とおれの元へビールを差し入れにきてくれました!ありがとうシラフ!ありがとうみっちゃん!ありがとう厚海くん! 

DSC07819




もくもくと似顔絵を描くモンド。 

NCe4F




その隣りでゴクゴクとビールを呑むボギー(笑)。 

VPFHM





モンドの似顔絵テントには、見物のお客さんたちもたくさんで常に賑わっていました。似顔絵の合間にサインや写真なんかにも応えるモンド、あらためてテレビや新聞、そしてネットの影響力に驚かされる思いですが、だからってモンドはモンドのままで、あいかわらず10歳の元気なガキっす。 

DSC07836 のコピー




似顔絵のお客さまは7割以上が女性で、モンドは次から次に目の前に座る女性を真っすぐじーっと見つめるんですが、おれなんかが10歳の頃ってオトナの女性の目なんか照れくさくて見つめること出来なかった(いまだにですが)。 

DSC07843 のコピー





ちなみにステージでは細野晴臣さんが歌ってて、すっごい観に行きたいんだけど、モンドの隣りで音だけ聞いてました。でも「Pom Pom蒸気」はうひょーっ!て踊りだしてしまいました、大好きなんで。 


休憩中に、CIRCLE関係者の松尾さんから「いま!チャンスだよ!」ってステージ裏に連れてってもらい、なんと細野さんにお会いできました!!!ひえーーっ!!! 

DSC07869 のコピー



なんでも昨夜、松尾さんがモンドの絵を細野さんに見せた際にとても感心されたとのことで、「お〜!キミがモンドくん?」ってキミに胸キュンな低音の声でご挨拶してくれました。そんで、細野さんはモンドの画集見ながら「すごいねすごいね」ってニコニコ。 


そのときモンドが「あ!お父ちゃん!あれ忘れてるっ!」って急にダーッと走っていき、おれのカバンの中から持って来てくれたのは、モンドが保育園の頃にラクガキした俺のYMOのレコードジャケ。 


これにサインしてもらいたくて持って来てたのに、おれがすっかり舞い上がって忘れてたのを、モンドが取って来てくれたのだ!しかも「これも渡し!」ってボギーのCDまで。おおおおっ!なんてしっかりした息子なんだ!!モンドでかした!!!! 

DSC07872 のコピー



細野さんは「こんな良いアート作品にサインなんてしちゃっていいの?」なんて冗談言ってくれながらラクガキジャケットにサインを加えてくれた! 

DSC07873 のコピー



これヤバイ、宝物だ。 

(※写真はご本人の許可を得て掲載してます、細野さん心広い〜!) 



うかれてたら背後から「あ、ボギ〜さん〜!」って青葉市子ちゃん。 
2年前のヨコチンロックフェスの打ち上げでちょこっと会ったくらいだったのに、覚えててくれてうれしかったなー。 

DSC07871 のコピー




うれしかったと言えばカクバリ社長が似顔絵テント覗きにきてくれて「イエー乾杯!ボギーくんの姿見てやっと福岡来た実感湧いたわー」って冗談を言ってくれたこと(笑)。 

DSC07899 のコピー



福岡でずーっとやり続けて、いまも福岡でやり続けてる意味を、こんな些細な言葉の中に感じてしまって、とても感激だったのですよ、実は。 



モンドの似顔絵屋さんもいよいよ最後の一人、20人描ききりました。 
ほんとによく頑張ったな〜。でももう20人くらいなら平気で描いちゃう体力と集中力が備わってるのを感じます。 

DSC07883 のコピー





きれいな夕暮れの空が、海ノ中道をおおう頃、仕事を終えたモンドとシャボン玉で遊びました。父と子のふたりの世界。モンドはこういう場所や時間を過ごすことが本当に大好きで、帰り道に何度も「楽しかったね〜、楽しかったね〜」って。 

DSC07895 のコピー




そう、0歳からボギーの出る野外フェスや夏祭りライブなんかについて来ては遊んでるモンドにとって、フェスや祭りの景色っていうのは、遊園地みたいな感覚なのかもしれません。 

DSC07891 のコピー




帰りに回転寿しを食べに行って、モンドは家で就寝。 
そしてボギーは、いそいそと打ち上げに(笑)。 
 

福岡某所、CIRCLE出演者および関係者の盛大なる打ち上げに参加させてもらえるのもモンドのおかげ、とことん親孝行な息子を持って父は幸せ者です。 

酒が美味いっ! 


仲良しになったceroやくるりのファンファンとワイワイ盛り上がる。 

DSC07913 のコピー




そのテーブルの向こうには細野さんいたり、小山田さんいたりしてかなりドキドキする〜。 

宴もたけなわな頃、小山田さんから「モンドくんのお父さんですよね?」って声かけられてびっくり!!「はいそーです。」と答え、しばらく立ち話させてもらいましたけど、頭の中ではずっと「恋とマシンガン」のイントロがループしてました(笑)。 
(※写真は許可貰ってないんでモザイクかけてます。) 

小山田圭吾







「モンドくんのお父さん」という呼ばれ方、きっとこれから増えるかもしれません。 
でもおれはぜんぜん気にしないですし、むしろ誇らしく感じています。 
10歳で父親にこれほどのプレッシャーをかけてくれる息子に成長したことに。



それにしても、、、 
楽しかったあああああああああああ〜〜〜〜〜〜〜(ため息)。 

このページのトップヘ