モンド今日の絵

【モンドくん(奥村門土)】 2003年、福岡に生まれる。両親からイタリア語で「世界」という意味を持つモンド(MONDO)と名付けられ、幼少の頃より独特の個性を発揮。3歳頃より面白い絵を描き始め、小学生になると絵がコンクールで入賞したり、週末には似顔絵屋さんとしても活動をはじめる。まっすぐ純粋に見たものを見たまま描くというスタイルで描かれる人物画が話題となり、2014年に初の画集「モンドくん」(PARCO出版)発表。そのほか雑誌「ヨレヨレ」の表紙や挿絵、谷川俊太郎とのコラボ、瀬戸内寂聴「死に支度」の装画、「文學界」「東京新聞」の挿絵連載などを担当。メディアにも度々取り上げられ、東京や台湾、シンガポールでの個展開催など、国内外で大きな注目を集めている。フジロックなど全国のフェスにも出演するなど、その世界をさらに広げつつある。現在15歳。映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」(長久允監督)にて2019年6月には俳優デビューも決定。ミュージシャンである父・ボギーが選んだ人物を毎日1枚描き、親子の日記としてブログに発表し続けている。 <モンドへのメールやおしごと依頼はこちらまで> yokotin_b@hotmail.com <モンドのインスタグラム> mondo_world http://instagram.com/mondo_world <父ボギーのブログはこちら> http://bogggey.blog.jp/

【モンドくん(奥村門土)】
2003年、福岡に生まれる。両親からイタリア語で「世界」という意味を持つモンド(MONDO)と名付けられ、幼少の頃より独特の個性を発揮。3歳頃より面白い絵を描き始め、小学生になると絵がコンクールで入賞したり、週末には似顔絵屋さんとしても活動をはじめる。まっすぐ純粋に見たものを見たまま描くというスタイルで描かれる人物画が話題となり、2014年に初の画集「モンドくん」(PARCO出版)発表。そのほか雑誌「ヨレヨレ」の表紙や挿絵、谷川俊太郎とのコラボ、瀬戸内寂聴「死に支度」の装画、「文學界」「東京新聞」の挿絵連載などを担当。メディアにも度々取り上げられ、東京や台湾、シンガポールでの個展開催など、国内外で大きな注目を集めている。フジロックなど全国のフェスにも出演するなど、その世界をさらに広げつつある。現在15歳。映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」(長久允監督)にて2019年6月には俳優デビューも決定。ミュージシャンである父・ボギーが選んだ人物を毎日1枚描き、親子の日記としてブログに発表し続けている。

<モンドへのメールやおしごと依頼はこちらまで>
yokotin_b@hotmail.com
<モンドのインスタグラム>
mondo_world
http://instagram.com/mondo_world
<父ボギーのブログはこちら>
http://bogggey.blog.jp/

映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」から飛び出したバンド「リトルゾンビーズ」の新しいMVが公開されました!「ZOMBIES BUT ALIVE」!!

【公式MV】ZOMBIES BUT ALIVE (映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』エンディング曲)


みてねー!

シンガポールロケの撮り下ろしMVです!超B級テイスト!サイコーです。

IMG_1908
IMG_1907
IMG_1905
IMG_1906
IMG_1903

モンドのセミヌードも初公開(笑)!
IMG_1902

ちょうど一年前、モンドとシンガポールに行ってたのは実はこのリトルゾンビーズのMV撮影だったのです。めちゃくちゃ楽しかった。

そのときの日記↓

「ボギーとモンドのシンガポールツアー」レポ(4日目)魅惑のタイガーバームガーデン

IMG_1911
IMG_1909

いよいよ全国公開が近づいてきましたね。やっと映画館観れる!!

IMG_1965




<長久允監督の来福決定!6月22日(土)スペシャルトークショー付き上映開催決定‼️>

6月14日(金)に初日を迎える『ウィーアーリトルゾンビーズ』の公開を記念して、6月22日(土)、福岡・中洲大洋映画劇場にて公開記念スペシャルトークショー付き上映の実施が決定いたしました!
IMG_1965

長久監督×奥村門土に加えて、なぜかボギーも登壇します(笑)!出演に至った経緯や現場中のエピソードからとっておきの裏話まで、余すところなく語ります。みんなで見にきてね!!
IMG_1966

IMG_1963
IMG_1964

■公開記念スペシャルトークショー付き上映

【日時】          

6月22日(土)9時45分の回(上映後に舞台挨拶を行います。)

 【会場】

中洲大洋映画劇場 (福岡市博多区中洲4丁目6-18)

 【登壇者】

奥村門土 ボギー 長久允監督(敬称略)

 【料金】

一般料金

 【チケット販売について】

6月8日(土)劇場OPEN時より劇場窓口にて販売

※予定枚数に達し次第販売終了

※当日券も若干数ご用意いたします。

<注意事項>

・営利を目的とした購入、転売行為は固くお断りいたします。

・イベント中はマスコミ取材が入り、会場の映像や写真が各媒体で露出する場合があります。予めご了承ください。

・やむを得ない事情により急遽中止、もしくは登壇者の変更がある場合があります。

・チケットご購入後のお客様ご都合による変更、払い戻しは行っておりません。ご了承の上、お買い求め下さい。

・チケットの紛失等による再発行はいたしませんので、ご注意下さい。

・当日ご入場いただける順番は、チケットを買われた順番ではございません。劇場オープン時間にお越しいただいた順にご案内となります。





さらに!6/21には「ウィーアーリトルゾンビーズ公開記念!ボギー家族と長久允監督の楽しい前夜祭」をビンゴラブで開催します!

 IMG_1866

当日はボギー家族ライブに加え、ボギーと長久允監督が映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』の音楽について語り、聴くミニトークも行います!

FullSizeRender
皆様のご来場お待ちしております!

■ウィーアーリトルゾンビーズ公開記念!ボギー家族と長久允監督の楽しい前夜祭

【概要】

6月21日(金)OPEN:19:00/START:19:30

投げ銭+1 drink order

【会場】

BingoLove 

(福岡市中央区舞鶴1-8-2 オベリスク天神1F)

 【スケジュール】

19:30~ ボギー家族ライブ

20:00頃~ボギー&長久允監督 ミニトーク


6月1日。

ボギー家族ツアーで行った熊本の河原町繊維問屋街は、実は3年前の家族ツアーでやる予定だった所なんだけど、あの時は大火事で焼けてしまい開催場所が急遽変更になってしまったのだ。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

火災のあとも燃え残った店舗はカフェや雑貨屋さんなどが営業を続けており、河原町繊維問屋街は今も時が止まったようなノスタルジックさでボギー家族を迎えてくれた。3年ぶりの熊本がこの場所ということにすごく意味を感じてしまう。
FullSizeRender
それにしても、どこを撮ってもすごくいい雰囲気になるな。
FullSizeRender
IMG_1629
FullSizeRender

そんな河原町繊維問屋街のカフェ「Helpings hand cats」でモンドくんの似顔絵屋さん。たくさんのお客さんに来ていただき満員御礼!
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_1609
FullSizeRender

熊本にいる父も会いに来てくれた。しかもわざわざ似顔絵の予約まで取って(笑)。もうすっかりおじいちゃんの顔。
FullSizeRender

テンちゃんと今ちゃんのなげせん似顔絵屋さんも同時開催。っていうかいつも気ままに始まる。
FullSizeRender
IMG_1601

和やかな雰囲気の昼の部だった。

夜の部はライブ、オープニングはShorter Jazz Quartet。外にもれ聞こえるジャズでノスタルジーさ倍増!いい感じや〜。
IMG_1651

続いてボギー家族ライブ開始。
IMG_1668

しかし、この日ライブ直前まで大騒ぎの今ちゃんはテンション高すぎて逆に「おふざけモード」が入っていた。俺はそーいうの嫌いだからライブ中だろうと怒る。大人げない(笑)?
FullSizeRender

いやいや、ステージでバカやるのとふざけるのはまるで別ものだ。その違いだけはちゃんと教えたい。子供だろうとステージに上がる以上はプロなんだから。

それ以降はぐいぐいと家族のグルーヴ高まる!!!うん、みんなちゃんとプロの顔つきに変わったぞ!
FullSizeRender
FullSizeRender

巻き起こるアンコールに応えて最後は「バカになりましょう〜パンクバージョン〜」!!!
FullSizeRender

<ボギー家族in熊本セトリ>

NO FUN MY WAY
ストリーキング
酒がねぇ
山谷ブルース
ぼくとはと
おさんぽ
カントリーロード
ロックンロールのうた
ロックンロール
戦争ワルツ
BON-ODORI
タコおどり
バカになりましょう
家族のうた
星のOHAKA

アンコール:
バカになりましょう〜パンクバージョン

ボギー家族ツアーin熊本、呼んでくれた荒木さん内田さんはじめ河原町繊維問屋街のみなさん、本当にありがとうございました!めちゃくちゃ楽しい一日でした。

FullSizeRender

夏休みの家族ツアーに向けて走り出した感じがする。

IMG_1918

「なつやすみボギー家族ツアー」
詳細はこちら↓

■ 7/15(祝)福岡@アンベラシュウ
■ 7/20(土)広島@音楽喫茶ヲルガン座
■ 7/21(日)防府@カレー食堂コモやん/bar印度洋
■ 7/23(火)米子@LIVEワンメイク
■ 7/25(木)隠岐の島@喜多屋/なかむら旅館
■ 7/27(土)京都@火灯し喫茶すずかげ
■ 7/28(日)西明石@barTRASH2nd
■ 7/29(月)名古屋@トライバルアーツ
■ 7/31(水)神奈川@廃材エコヴィレッジゆるゆる
■ 8/2(金)福島@ピークアクション
■ 8/4(日)宮城@ねこの森雑貨店/カフェかいめんこや
■ 8/7(水)東京@青山月見ル君想フ
■ 8/8(木)北浦和@居酒屋ちどり
■ 8/10(土)群馬@PENSEE GALLERY/有鄰館レンガ蔵
■ 8/11(日)つくば@kitchen Soya

ボギー家族がロードムーヴィーのように全国各地を駆け巡る!昼はモンドくんの似顔絵屋、夜は家族ライブ!これはニュータイプの旅芸人一座?夏の思い出を一緒に作りましょう!

6月4日は誕生日なので「ねー、お父ちゃん描いてー」と久しぶりに3兄妹に描いてもらった。

まずはモンド(15歳)が描いたボギー。めちゃくちゃ俺やな。

ボギー


次にテンちゃん(11歳)が描いたボギー。....誰(笑)?

ボギー(天)


そして今ちゃん(6歳)が描いたボギー。いつの間にこんな、う...うまいやん。 

ボギー(今)


子供たちそれぞれ、じーっと澄んだ目で見つめながら描いてくれた。やっぱりたまには描いてもらいたい。子供たちの成長を感じながら、自分の老いも感じれるし(笑)。

ありがとう!
誕生日プレゼントはこれでいいよ。 

今日から渋谷のオシャレなカフェAre(オーレ)でモンドのミニ原画展が始まりました。(6.14まで開催)


IMG_1740


原画展と言ってもカフェの壁に15点ほどの原画を展示しているだけなので、ランチのついでやコーヒー飲みついでに覗きに行ってみてくださいね!


IMG_1739


IMG_1741


そして!

今月はモンドと東京に行きます。この日はボギーのライブに加えてモンドの似顔絵屋さんもあります。限定8名なのでぜひご予約ください。


共演には主催してくれた横沢ローラ。そしてex.ズクナシの衣美&茜。楽しい夜になりそうです!


IMG_1451

FullSizeRender

〜 Good music x Art 〜 

アートギャラリーとアコースティックライブコンサートとおいしいご飯のコラボレーションイベントシリーズ。 


6.14(金)「Rainbow Connection Vol.2」

@渋谷Are(オーレ)

(渋谷1丁目23−21 渋谷キャスト1F)


開場19:00 開演19:30 

ご予約3000円 当日3500円+1drink&1food order


ライブ)

ボギー

衣美&茜(ex.ズクナシ)

横沢ローラ


似顔絵屋さん)

モンドくん

(17:30~19:30 おひとり2000円※要予約)


似顔絵の予約フォームはこちら。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdOIrGaeNGU4gkHvQCmdgOM4wAZ1nckoHxwUPSwFFgEpqglPw/viewform



ライブのご予約はボギーまでメッセージでも大丈夫ですよ!

発売中の『装苑』に「ウィーアーリトルゾンビーズ」の大特集!映画の色や衣装や装飾にまつわるスタッフさん達のコメントがたっぷり見開き4ページ!かなり興味深いこといっぱい書いてあるのでぜひ読んでみてください。


FullSizeRender


色の特集ということで、誌面はとにかくビビッドカラーが溢れていて、いま時代はビビッドな色を欲してるんだなと思った。


FullSizeRender


「ウィーアーリトルゾンビーズ」も鮮やかな色で全編が覆われている。


IMG_1083

IMG_0785
IMG_0240

色といえば思い出すのは、モンドが小3の頃。授業参観で、教室の後ろに絵がずら〜っと貼り出されていて、その中にモンドの絵は埋もれていた。どの子供たちも、太陽は赤、空は水色、雲は白、地面は茶色、草木は緑、人は肌色で塗られており、その絵を見て、ああそうか、モンドが家で絵を描かなくなった理由はこれかと感じた。 それまでのモンドの絵はずっとのびのびしていたのに。


授業参観の帰り道、夕焼けの中をモンドとふたりで歩きながら、初めて絵に関するアドバイスをした日のことはよく覚えている。



ボギー「モンド、見てみ。いま太陽って何色?」


モンド「ん〜、赤とオレンジのあいだくらい?」


ボギー「じゃ太陽が赤いとき、空は何いろ?」


モンド「オレンジとか黄色とか...紫っぽいところもある」


ボギー「そーやろ?太陽が赤く見えるときは空って青くないやろ?」


モンド「うん」


ボギー「あの木の葉っぱは何いろ?」


モンド「緑とか赤っぽいのとか黄色とか黒もある」


ボギー「そーよね、いろんな色が交ざっとるよね。自然の中にはいろんな色がいっぱいあるんよ。目に見える色もあるし、目に見えん色もあるんよ。だけん、モンドは自分が好きな色で好きなように色を塗れば良いっちゃない?」



それからしばらくしてモンドが描いたのは、ビビッドな色彩がハッと息を呑むような風景画だった。

 

FullSizeRender


この絵は夏休みの宿題として提出し、福岡市の市民文化祭「美術作品展(小中学生の部)」で最優秀賞を受賞。


「絵で賞をとった人はみんなベレー帽をかぶって行くものなんよ」って冗談でモンドにベレー帽をかぶせて授賞式に行かせたら、小さい身体にぶかぶかのベレー帽姿が大ウケしちゃって、それ以来、モンドも面白がって絵を描くときはベレー帽をかぶるスタイルに(笑)。


IMG_1712


あの絵をきっかけに再びモンドは絵を描くようになった。


モノクロの似顔絵がモンドの特徴的な作風のひとつだけど、ビビッドな色使いの作品も実はたくさん描いている。


IMG_1714

FullSizeRender
IMG_1715
FullSizeRender
IMG_6837
IMG_1717
IMG_5116

モンドの色のセンスと「ウィーアーリトルゾンビーズ」の色のセンスはどこか近いように思えるのだ。


IMG_8587


このページのトップヘ